FC2ブログ

記事一覧

ラーメン☆ビリー~ラーメン~

久々のラーメン☆ビリー東仙台本店です😃多賀城店や泉店ばかりに行ってますが、今日は本店なので緊張してます💦台原方面から行くと目立つ看板があるので問題なし!左折し、そのまま4キロ進めば到着です💨

 

DSC02547.jpg 


MAH02134(2).jpg 

 

夜営業が17時~22時なのが本当に有難いですメインの時間帯に行ってしまうと外までの並びになってしまうので夜営業の前半or後半に行くのが僕にとってのベストです😉ビリーと有頂天の超激戦区になってるのはいつ見てもビビリます😣💦

 

MAH02134(1).jpg 


MAH03651(2).jpg

 

とりあえず並びなしなので次のお客さんが来ない内に入店です。入口の券売機前に来ると、東仙台店にはつけ麺もまぜそばも味噌もあるので迷ってしまいますが、基本のラーメン780円にしました😃麺200gでは少なすぎる心配はありましたが、腹八分目が初老には合ってると言い聞かせました😢

 

MAH03651(3).jpg 


MAH03651(4).jpg

 

店員さんに食券をわたして、ニンニク増し、野菜増し、アブラでお願いし、空いてるカウンター席に着席です。カウンター席はほぼ単身の会社員とテーブル席には団体の学生さんで、店内は静寂と賑わいでビリーらしいなと居心地が良かったです

 

DSC03658.jpg   


DSC03654.jpg

 

メニュー表を見てるだけでも楽しく、時間があっという間に過ぎます。


DSC03655_20180730085340e88.jpg

 

そして着丼😍「ラーメン ニンニク増し 野菜増し アブラ」

 

DSC03670.jpg

 

久々に見るラーメンは安定感があります!縦長なので盛りが良く見えるし、ビリー専用の器はデザインと野菜の盛りが良く見えるので一石二鳥ないい器です👍そしてコールのアブラが美味しそうに見えるのがビリーのラーメンだし、優しい迫力のG系らしさを強調してました!


DSC03669.jpg 


DSC03671_2018073008534638e.jpg 

 

豚骨醤油のスープは、濃い色をしてますが今のビリーを象徴するサラサラした濃度の豚骨と醤油タレのコク深さで塩分を感じさせない優秀なスープなんですよ😋このスープは老若男女が美味しいと素直に言えるG系のスープです!

 

DSC03674.jpg

 

野菜の頂上にトッピングされてるニンニクを流れの速い豚骨醤油に合わせて飲んでみると、南斗水鳥拳のように切れ味が鋭く、ニンニクのパンチのある辛さが喉を駆け抜けていくのです!

 

DSC03675_20180730085349532.jpg

 

ビリーと言えば豚のウデ肉をガッツリ食べられます😋脂で身が少なくサッパリした赤身で、しかも柔らかくて食べやすいのです。目をつぶって食べてもビリーの豚だとわかります!


DSC03684_20180730085354ee9.jpg

 

自家社製麺の平打ち太麺は200gと少なめです😢しかし麺量よりもG系の麺としては非常に優秀で、平打ちでもちっとした食感は二郎インスパの先駆者としてのプライドも小麦と一緒に味わうことができました👍

 

DSC03680_20180730085352c70.jpg 


DSC03686.jpg 

 

野菜増しでも余裕で食べられるのは野菜の上にのってる脂のおかげです。脂にも醤油の味付けがしてあるので簡易の炒め野菜のような食べやすさになってるし、スープがサラサラしてるのでアブラのコクが大事になっているのです👌後半は一味をかけてスパイシーな醤油味にして食べると飽きずに完食できました

 

DSC03677.jpg 


DSC03689.jpg 

 

最後はウデ肉です。今の僕には脂身よりも赤身のサッパリした肉質が合ってると実感させられる、いい肉だなぁと思いました😃

 

DSC03693.jpg

 

ご馳走様でした!やっぱ仙台で適量のG系ラーメンと言えばビリーだと再認識しました👌初老でも食べやすいし、豚のウデ肉はビリーが1番です!

 

DSC03695.jpg

 

やっぱりもっと食べたかった・・😢と、わがままな自分に適量の満足が今の自分に合ってると何度も言い聞かせ帰りました。ラーメン☆ビリーはG系ラーメンを一般向けにアレンジして受け入れられた二郎インスパイアなのにオリジナリティが素晴らしく、さらに老若男女の全てのお客さんに楽しんでもらうために元気いっぱい毎日営業してくれる最高にいいお店です👏

 

MAH02135(1).jpg

 

日本男児のラーメン☆ビリーは・・・

G系を 家族や仲間で 楽しく喰らう

 

ご馳走様でした。

 


AD

AD

AD

AD

AD

AD

AD